スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ カムリ 新型、韓国カーオブザイヤー受賞…輸入車初 

トヨタ自動車のグローバル中型セダン、『カムリ』。その新型モデルが、韓国のカーオブザイヤーに輝いた。

これは1月21日、韓国自動車記者協会が発表したもの。新型トヨタ カムリを、「2013韓国カーオブザイヤー」に選出すると発表している。

2013韓国カーオブザイヤーは、2011年10月から2012年10月までに発売された韓国車13モデル、輸入車32モデルの合計45車を対象に選考。トヨタ カムリの得票は、78.75点。2位のBMW『3シリーズ』の77.74点、3位のヒュンダイ『サンタフェ』の75.74点を抑えて、カーオブザイヤーの栄冠を手にした。

ところで、韓国カーオブザイヤーは今回が3度目だが、これまではヒュンダイなど、地元韓国車が受賞してきた。カムリは輸入車として初めて、韓国カーオブザイヤーを受賞。韓国トヨタの中林尚夫社長は、授賞式において、「真心は(韓国のお客様に)通じることを実感した」とコメントしている。
http://response.jp/article/2013/02/01/190196.html
スポンサーサイト

トヨタ 86、米セレブレース仕様車を公開…210psにパワーアップ 

2013年2月8日(金)
【シカゴモーターショー13】トヨタ 86、米セレブレース仕様車を公開…210psにパワーアップ

トヨタ自動車の米国若者向けブランド、サイオンは2月7日(日本時間2月8日未明)、米国で開幕したシカゴモーターショー13において、『FR-S』(日本名:トヨタ『86』)のプロ/セレブリティレース仕様車を初公開した。

プロ/セレブリティレースは、毎年4月にロサンゼルスで開催される「トヨタ・グランプリ・オブ・ロング・ビーチ」で行われているもの。INDYCARシリーズなどの前座レースとして、毎年人気を集めている。

プロ/セレブリティレースは毎年ワンメークレースとして開催されるが、今年の車両に、サイオンFR-Sの起用が決定。シカゴモーターショー13において、その車両が初公開された。

市販車に最低限の改造を施しているが、注目はエンジン。直噴2.0リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンは、最大出力210psと、10ps引き上げられた。これは、TRDのステンレスエグゾーストや吸気システム採用によるものだ。また、サスペンションやブレーキも強化。レーシングクラッチも採用している。

プロ/セレブリティレースは4月20日、25台が参加して行われる予定。サイオンによると、同レース27年の歴史において、初のFR駆動車になるという。

レクサス LF‐LC、クリスマス仕様?…出力はトナカイ800頭分 



クリスマスプレゼントを配るのに多忙なサンタクロースにとって、必需品がソリ。レクサスがサンタクロースのために、ユニークなソリを提案している。

これは12月19日、米国のレクサスが発表したもの。ハイブリッドスポーツコンセプトカーの『LF-LC』をソリに仕立て、サンタクロースに使ってもらおうという仮想プロジェクトだ。

ソリの名前は、レクサス『フライング ラグジュアリークルーザー』。空を飛んでやって来るが、車体下部にはソリが装着され、プレゼントを配る家を素早く見つけるために、最新のGPSナビゲーションシステムと大型LEDライトを装備。ブラインドスポットモニターや24時間のロードアシスタンスサービスが、安全な配達をサポートする。

LF-LCはハイブリッドシステムを搭載するコンセプトカーだが、その出力表示もユニーク。馬力ではなく、「トナカイ800頭分のパワー」というのがレクサスの説明だ。ちなみに、LF-LCの公称馬力は550ps以上。

現在ハワイで、クリスマス当日に備えて休養中のサンタクロース。「レクサスにはとても感謝している。世界中の子どもたちに、最高のクリスマスを過ごせてもらえるよ」とコメントしている。
《森脇稔》
http://response.jp/article/2012/12/21/187587.html

マツダ RX-7、2017年に復活へ…開発主査が明言 

マツダが2002年、生産を終了したスポーツカー、『RX-7』。同車の復活が2017年に決定したと、海外の自動車メディアが報じている。

これは10月31日、オーストラリアの自動車メディア、『THE MOTOR REPORT』が伝えたもの。同メディアのインタビューに応じたマツダのスポーツカー担当主査、山本 修弘氏は、「次期RX-7を2017年に発表する計画だ」と明かしたというのだ。

2017年といえば、マツダの伝説のスポーツカー、『コスモスポーツ』の誕生50周年の節目。これを記念する形で登場するのが、次期RX-7になるという。

ところで、RX-7といえば、ロータリーエンジンを積むのが特徴。次期RX-7の心臓部は、どのようなエンジンになるのか。

山本氏によると、「16X」と呼ばれる次世代ロータリーエンジンを次期RX-7は搭載。排気量は『RX-8』の1.3リットルよりも大きい1.6リットルの直噴自然吸気ユニットで、SKYACTIVなどの最新テクノロジーを導入。欧州で2015年から施行される排出ガス基準、「ユーロ6」を満たしながら、300psレベルの最大出力を引き出すという。

また、次期『ロードスター』用の車台を基本としながら、アルミ素材の積極採用などにより、軽量化を推進するのも次期RX-7の特徴。次期RX-7の車両重量に関して、山本氏は、「先代RX-7(FD型)の1310kgよりも軽くする。トヨタ『86』(1250kg)と同レベルを目指す」と話したとのこと。

時代が求める環境性能に配慮しながら、ピュアスポーツカーとしての運動性能も追求する次期RX-7。気になる価格帯について、山本氏は、「次期RX-7はプレミアムスポーツカー。価格は日産『フェアレディZ』(日本国内ベース価格は367万円)よりは上になるだろう」と、同メディアに語っている。
http://response.jp/article/2012/11/03/184299.html

“BBS”のワシマイヤー社が会社更生手続き 


福井県福井市にある、自動車用鍛造ホイール製造メーカーであるワシマイヤー社が26日、福井銀行から会社更生法の適用を申し立てられ、保全管理命令を受けたと発表した。

 ワシマイヤー社は、1968年に日本初のドイツ外資会社メーカーとして誕生した日本マイヤー社を設立。ドイツのBBS社との提携により、鍛造アルミホイール、およびマグネシウムホイールを製作。2011年には逆にドイツBBS社を買収し、BBSブランドのホイールを生産してきた。

 BBS製のホイールはその高いクオリティとメッシュタイプのデザインにより世界中のファンに愛されているほか、多くの高級自動車メーカーが純正採用したり、オプションとしてカタログに掲載。福井の中核産業のひとつとして、BBSブランドのホイールは世界的な知名度を保ってきた。

 F1でもBBSの鍛造マグネシウムホイールは多くのチームが採用しており、近年までフェラーリが採用していたほか、今季はメルセデスAMGペトロナスやフォース・インディア、ケータハム、マルシャなど多数のチームがBBS製のホイールを採用している。


 今回の会社更生手続きはワシマイヤー社が属する小野グループのうち、ワシ興産株式会社、ワシマイヤー株式会社、株式会社アサヒオプティカルの3社に適用されるが、保全管理人に就任した新保克芳弁護士は小野グループのホームページで『「事実上の倒産」などと報道されることもありますが、これまで通り事業を続けながら再建を図っていく手続ですので、事業を停止し、会社を清算してしまう破産手続とは全く異なります」としている。

 今後ワシマイヤー社はホイールの製造を続けながら、会社の再生を進めていくことになりそうだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。