スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M7級余震、まだ一定期間は警戒必要…気象庁 

M7級の地震で余震って恐ろしすぎますね。
本当に自然の驚異の前では人は小さいですね・・・
小さくても一人一人が支えあって一日も早い復興を日本全体でやりましょう!!


11日に福島県東部で起きたマグニチュード(M)7・0の地震は、M9・0の東日本大震災によって誘発された地震だ。

 4月7日には宮城県沖でもM7・1の余震が起きている。気象庁の土井恵治・地震予知情報課長は記者会見で、「本震の規模が大きく、まだ一定期間はM7クラスの余震が発生する」と警戒を呼びかけ、東北から関東、中部地方に至るまで注意が必要だと話した。

 東日本大震災は、太平洋プレート(岩板)に押されていた陸側のプレートが跳ね上がって発生した。このため、付近の地殻に働く力が変化した。

 宮城県沖の地震は、深さ65キロの太平洋プレート内の断層がずれた逆断層型地震。一方、陸側のプレートは本震によって押される力から解放されたため、東西方向に引っ張られる力が働くようになった。11日の地震は、陸のプレート内の浅い場所で、地盤が引っ張られて断層がずれる「正断層型」の直下型地震だ。この地域は、過去約30年にM3以上の地震が数回しか起きておらず、地震活動は活発ではなかったが、東日本大震災以降、3月19日にM6・1、同23日にM6・0の地震が起き、いずれも正断層型だった。

(2011年4月11日21時34分 読売新聞)

自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1100ポイント


中古車買取査定市場


【楽天証券】★4/8 9:59まで!★今なら最大21,200ポイント


年会費永年無料の楽天カード


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/177-fa8bc344

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。