スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サイバーナビ VH/ZH09シリーズ登場】実写映像にルートを重ねるARスカウターモード 

カロッツェリア「サイバーナビ」は3年毎にフルモデルチェンジを行うが、今年(2011年)がその年にあたる。モデルチェンジの度に新機能を打ち出して「最高のナビ」をアピールするが、今回の目玉となるのが「ARスカウターモード」だ。

これはCMOSカメラが撮影した映像をリアルタイムで処理し、ナビ画面に映し出すというもの。目的地を設定していれば「空にルート線が投影された状態」となる。タイムラグはほとんどなく、運転者が見たままの映像がナビの画面中にも現れるというのは不思議な感覚を覚える。

世の中に難交差点と呼ばれる箇所はいくつもあり、交差点拡大図だけではわかりにくいところもあったが、ARスカウターモードを使った場合は実際の風景に重ねる状態でルートが投影されるだけではなく、建物や街路樹で見えにくくなっているランドマークであるとか交差点までの残距離もバーで表示されるようになっている。これによって、「曲がるべきポイント」というのは従来よりも格段に把握しやすくなった。

カメラが撮影した映像内に信号機が存在する場合にはこれも検知しており、信号が赤から青に変わると運転者に警報音で発進を促す機能もある。あくまでもアシスト機能の一部であり、運転者に課せられた前方注視の義務が無くなるわけでもないが、うっかり防止には役立つ。

自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1100ポイント


中古車買取査定市場


【楽天証券】★4/8 9:59まで!★今なら最大21,200ポイント


年会費永年無料の楽天カード


いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加していますので↓↓ポチッ↓↓と応援お願いします。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/257-8c7543cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。