スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ、高効率1.3リッター直噴ガソリンエンジンを公開 

マツダ、高効率1.3リッター直噴ガソリンエンジンを公開
 マツダは、新世代技術“SKYACTIV(スカイアクティブ)”テクノロジーの第一弾として、直噴1.3リッターガソリンエンジンの『SKYACTIV-G 1.3』を開発した。

 このエンジンは、5月20日(金)まで神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催している、自動車技術展“人とくるまのテクノロジー展2011”に出展されている。

 『SKYACTIV-G 1.3』は、レギュラーガソリンが燃料の自動車用量産エンジンで史上最高の圧縮比14.0を世界で初めて達成し、とくに低回転高負荷領域での高い効率性を実現。従来、高圧縮エンジンにつきものだったノッキングを防ぐため、理想的な燃焼室形状を作るキャビティ(くぼみ)付きピストンや、緻密な燃料噴射制御を行うマルチホールインジェクター、デミオ専用の“クールドEGRシステム”を採用するなど、徹底したノッキング対策を実施している。

 また、同社初の“デュアルS-VT(可変バルブタイミング機構:吸気側電動式)”と、高圧縮比との組み合わせによって、従来にないミラーサイクル化(吸気バルブの超遅閉じ)を実現するほか、ロングストローク化したコンパクトな燃焼室設計によって効率を向上している。

 このエンジンは、近々発売が予定されている『デミオ』に搭載することが決定。国産コンパクトカークラスに初めて直噴エンジンが投入されることとなる。

 また、この高効率の『SKYACTIV-G 1.3』エンジンに加え、アイドリングストップ機構“i-stop(アイ・ストップ)”も搭載。トランスミッションにはCVTが組み合わせれ、『デミオ』では10・15モード燃費で30km/Lという、トップクラスの燃費性能を実現する。

“スカイアクティブ テクノロジー”は、車両の走行性能と環境・安全性能を飛躍的に向上させる、新世代のエンジン(ガソリン、ディーゼル)やトランスミッション、ボディ、シャシーなどの技術の総称。今後、同社がリリースするモデルに、これらの技術が順次投入されていく。

 ■SKYACTIV-G 1.3の主要諸元
 エンジン:直列4気筒直噴ガソリン(i-stop付き)
 排気量: 1298cc
 ボア×ストローク:71.0×82.0mm
 圧縮比: 14.0
 最高出力:84ps/5400rpm
 最大トルク:11.4kg-m/4000rpm

自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1100ポイント


中古車買取査定市場


【楽天証券】★4/8 9:59まで!★今なら最大21,200ポイント


年会費永年無料の楽天カード


いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加していますので↓↓ポチッ↓↓と応援お願いします。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/263-ade7b13e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。