スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ 787B、20年ぶりルマンを走行へ 

ル・マン24時間の優勝車マツダ787Bがサルテでデモラン
20110520-00000052-jijp-000-view.jpg


マツダは20日、来月行われるル・マン24時間耐久レースの会場で、1991年に日本車として初めて総合優勝を飾ったマツダ787Bのデモランを行うと発表した。

 マツダ787Bは1991年のル・マン24時間にグループCのカテゴリー2から参戦。フォルカー・バイドラー/ジョニー・ハーバート/ベルトラン・ガショーのドライブで、日本車として初めての総合優勝を飾った歴史的なマシン。

 その後、チャージカラーの優勝車である55号車はマツダの手により動態保存されていたが、走行できる機会は限られており、国内のイベント等でも走行シーンはほとんど目にすることができないマシンとなっていた。

 しかし、マツダでは1991年の総合優勝から20年目となる今年、ル・マン24時間を主催するフランス西部自動車クラブ(ACO)からの招待を受け、55号車を再びサルテ・サーキットで走らせることとなった。

 今回サルテに帰還することになった787Bは、マツダの手で整備され、マツダが所有する美祢サーキットで走行。マツダのモータースポーツ活動を支えた寺田陽次郎、従野孝司、片山義美が懐かしいレーシングスーツ姿で787Bと写真に収まっている。

 ル・マンでの走行の際には、優勝クルーであるバイドラーやハーバートも姿を見せるという情報も入っている。かつてサルテを酔わせたロータリーサウンドが復活することになりそうだ。
自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1100ポイント


中古車買取査定市場


【楽天証券】★4/8 9:59まで!★今なら最大21,200ポイント


年会費永年無料の楽天カード


いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加していますので↓↓ポチッ↓↓と応援お願いします。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/265-9fc22e63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。