スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW 1シリーズ 新型にエコ仕様…26.3km/リットル 

BMWが、5日に発表した新型『1シリーズ』。同車には遅れて、クラス最高レベルの環境性能を備えたグレードが登場する。

これは、欧州向けに設定されるディーゼルモデル、「116d」をベースにした「エフィシエントダイナミクスエディション」。もともと環境性能の高い同車をベースに、さらなるエコ性能を追求したモデルだ。

116dは、直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルを搭載。最大出力116ps/4000rpm、最大トルク26.5kgm/1750-2500rpmを引き出す。欧州複合モード燃費は22.7-23.2km/リットル、CO2排出量は114-117g/kmと、環境性能は高水準にある。

エフィシエントダイナミクスエディションでは、この116dをベースに、エンジンを新開発の1.6リットルに変更。さらに、駆動系の効率アップ、エアロダイナミクス性能の引き上げ、低転がり抵抗タイヤの採用など、徹底した燃費向上策を施した。

この結果、最大出力は2.0リットルと同じ116psでありながら、欧州複合モード燃費は26.3km/リットル、CO2排出量は99g/kmと、116dに対して15%以上改善。この値はクラストップレベルにある。

エフィシエントダイナミクスエディションは、今秋の新型1シリーズの欧州発売から、少し遅れて投入予定。新型1シリーズの環境イメージを象徴するグレードとなりそうだ。
自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1100ポイント


中古車買取査定市場


【楽天証券】★4/8 9:59まで!★今なら最大21,200ポイント


年会費永年無料の楽天カード


いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加していますので↓↓ポチッ↓↓と応援お願いします。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/315-c2052e9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。