スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スバルの新型FRクーペをスクープ! 

スバルの新型FRクーペをスクープ!
 スバルがトヨタと共同開発している新型クーペモデルが走行テスト中にスクープされた。イギリスの自動車メディア『AUTOCAR』(http://www.autocar.co.uk/)が記事を掲載している。

 このスバルの新型クーペが公にされたのは今回がはじめて。これまでに“トヨタFT-86”(仮称)は、コンセプトモデルがショーに出展されており、スクープとしても取り上げられているが、スバル側がその共同開発車を公開したのは3月のジュネーブショーで、スケルトンボディを展示したのみ。全貌は闇に包まれたままだ。

 そんななかスクープ記事では、同モデルを“トヨバル”と呼び、完成型をイメージさせるいくつかの手がかりを紹介している。ボディサイズは、全長が4200mm、全高は1270mmと低く、コンパクトな仕上がり。ホイールベースは2570mmと、インプレッサより短い。

 エンジンは2リッター4気筒のボクサー(水平対向)ユニット。注目すべきはそのエンジンのマウント位置だ。FRレイアウトを採用する“トヨバル”では、他の4WDのスバル車よりもエンジンが240mm後方で、120mm低い位置(※ 記事ではこのように紹介されているが、実は24mm、12mmの間違いかも?)にマウントされ、前後バランスの最適化と低重心化が図られるという。なお、トランスミッションを後方に配置するトランスアクスル方式は採用していない。

 サスペンションは、フロントがストラット、リアがダブルウイッシュボーン式になるとのこと。エンジンスペック等の数値については、スバル関係者はだんまりを決め込んでいるが、記事では200ps前後になるのでは? と予測。さらにリアデフにLSDが採用されるだろうとしている。

 12月の東京モーターショーで発表され、2012年早々に生産が開始される“トヨバル”。はたしてどんな走りを見せてくれるのだろうか?

自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1100ポイント


中古車買取査定市場


【楽天証券】★4/8 9:59まで!★今なら最大21,200ポイント


年会費永年無料の楽天カード


いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加していますので↓↓ポチッ↓↓と応援お願いします。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/326-e78c27d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。