スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱、夏にもi-MiEVに200万円を切るエントリーグレード投入 

三菱、夏にもi-MiEVに200万円を切るエントリーグレード投入
 三菱自動車は、電気自動車(EV)の『i-MiEV』について、今夏に駆動用バッテリーの総電力量が異なる2種類のグレードを設定すると発表した。
 
 新たに設定するグレード(仮称:10.5kWh仕様)は、軽乗用車のデイリーユースに充分な
性能を確保した上で、価格を大幅にダウン。経済産業省の補助金制度を利用した場合、ユーザーの実質的な負担額は200万円以下になるとしている。なお、このグレードのバッテリーには、東芝製のリチウムイオン電池「SCiB」が新採用される。

 一方、従来の仕様に基づくグレード(仮称:16.0kWh 仕様)については、従来通りリチウムエナジー ジャパン(LEJ)製バッテリーを搭載。性能・装備面で進化させつつ、価格は現行レベルに抑える予定としている。
 
 三菱では、2011年冬に発売予定の軽商用電気自動車『MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)』についても、16.0kWhと10.5kWhの2種類のバッテリーの搭載を予定。『ミニキャブ・ミーブ』の10.5kWhバッテリー搭載車の走行距離は100kmとされているので、新たに登場する『i-MiEV』の10.5kWh仕様も、これに相当する走行距離が予想される。

自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1100ポイント


中古車買取査定市場


【楽天証券】★4/8 9:59まで!★今なら最大21,200ポイント


年会費永年無料の楽天カード


いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加していますので↓↓ポチッ↓↓と応援お願いします。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/332-edc9f22e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。