スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「脱原発」は政府見解ではない…首相釈明 

菅首相は15日午前の閣議後の閣僚懇談会で、将来的な「脱原発」方針について、政府見解ではなく、個人的見解として「決意」を披瀝(ひれき)したものだと釈明した。

 この問題での首相の説明は、中野国家公安委員長の抗議を受ける形で初めて行われ、閣内の不一致ぶりを改めて露呈した。首相は来週早々に、自らが本部長を務める原子力災害対策本部などを開き、閣内の調整に入る意向だが、閣僚からは公然と反対意見も提起されている。

 15日の閣僚懇談会では、中野氏が「首相は(13日に)原子力に関する見解を発表したが、閣僚は話を聞いていない。説明してほしい」と要求。首相は「今日までの経緯を含め、総合的にこの辺りで国民の皆さんに方向性と自分自身の決意を述べておく時期ではないかと考えて記者会見した」と説明した上で、「政府見解として公式に述べたということではなく、決意を述べた」などと語った。

この人は、自分のお立場が分かっていらっしゃらないのでしょうか?
自分の発言が一体どういう事なのかをシッカリ考えて欲しいですね。

自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1100ポイント


中古車買取査定市場


【楽天証券】★4/8 9:59まで!★今なら最大21,200ポイント


年会費永年無料の楽天カード


いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングまだまだ下っ端なので今後も頑張って更新する元気を
1日1回↓↓ポチッ↓↓と分けて下さい。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/405-e569c6ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。