スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車部品でカルテルか=デンソー、三菱電機に立ち入り―公取委 

エンジンの冷却に使うラジエーターなどの自動車部品の販売をめぐり、価格カルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は20日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、大手部品メーカーのデンソー(愛知県刈谷市)や三菱電機(東京都千代田区)など7社の本社や営業所など計20カ所を立ち入り検査した。
 他に立ち入りを受けたのは、日立製作所の子会社日立オートモティブシステムズ(千代田区)やカルソニックカンセイ(さいたま市)、ミツバ(群馬県桐生市)、ティラド(東京都渋谷区)、デンソー子会社のアスモ(静岡県湖西市)。
 関係者によると、各社は遅くとも2003年ごろから、大手自動車メーカー向けのエンジン関連など4種の部品について、それぞれが請け負っていた車種向けの製品を、モデルチェンジ後も受注できるように事前の話し合いで調整していた疑い。
 カルテルの対象となったのはラジエーターやオルタネーター(発電機)など。各社はいずれも1個数千円から1万円程度の価格で請け負っており、市場規模はそれぞれ300億~400億円。
 自動車部品をめぐっては、公取委が昨年2月、自動車用電線のカルテルを調査。ほぼ同時に米連邦捜査局(FBI)がデンソー、矢崎総業、東海理化の米子会社3社に立ち入りしたほか、欧州連合(EU)の欧州委員会も同様の容疑で、矢崎総業の現地法人など数社の調査に着手した。自動車用電線では、公取委が矢崎総業などに計120億円超の課徴金を課す方針を固めている。
 各社は「立ち入りを受けたのは事実。全面的に協力する」と話している。

自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1100ポイント


中古車買取査定市場


【楽天証券】★4/8 9:59まで!★今なら最大21,200ポイント


年会費永年無料の楽天カード


いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングまだまだ下っ端なので今後も頑張って更新する元気を
1日1回↓↓ポチッ↓↓と分けて下さい。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/424-033ca1d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。