スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーGT鈴鹿テスト2日目:HSV勢が上位に 

image01_20110722223238.jpg


スーパーGTの鈴鹿タイヤメーカー合同テストは22日、2日目のセッションが行われ、初日もトップタイムをマークしたウイダーHSV-010が2日目もトップとなった。GT300クラスはSG CHANGI IS350がトップタイムをマークしている。

 2日目を迎えた鈴鹿タイヤメーカーテスト。1日目の時点でZENT Porsche RSRがスーパー耐久第2戦富士参戦のため撤収し、合計24台がセッションに臨んだ。午前9時のセッション開始前はかなり肌寒く、弱い雨が降っていたものの、開始時には雨はやみスリックタイヤでコースインした。

 午前の1回目のセッションでは、ウイダーHSV-010が1分54秒125というタイムをマーク。次いでEPSON HSV-010が続き、初日に走行しなかったDENSO SARD SC430が3番手に続いた。午後のセッションでもウイダーHSV-010が1分54秒755というタイムをマーク。RAYBRIG HSV-010、EPSON HSV-010とHSV-010勢がトップ3を占めている。

 なお、2日目は前日松田次生が乗り込んだMOTUL AUTECH GT-Rにジョアオ-パオロ・デ・オリベイラが乗車。また、前日ENEOS SUSTINA SC430をドライブした中嶋一貴は午前にZENT CERUMO SC430、午後にD'STATION KeePer SC430もドライブ。SC430を3台トライした。また、国本雄資もD'STATION KeePer SC430をドライブしている。

 GT300クラスは、開始30分に#86JLOCランボルギーニRG-3が2分6秒134という素晴らしいタイムをマーク。午前中は初音ミク グッドスマイル BMW、R&D SPORT LEGACY B4と続くトップ3でセッションを終えた。

 午後はCOROLLA Axio apr GTがS字で赤旗の原因となるも、午前同様曇り空の下セッションは進んだ。しばらくは前日もトップタイムだったエヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電がしばらくタイミングモニターのトップにいたが、開始1時間後に初音ミク グッドスマイル BMWが連続して2分6秒台のタイムでトップに浮上。さらに、終了間際にはSG CHANGI IS350が折目遼のドライブで次々とタイムを短縮。2分4秒348というタイムをマークし、トップに躍り出た。

 ただし、このSG CHANGI IS350、初音ミク グッドスマイル BMWの2台はGTアソシエイションからの要請により、来年以降に向けた通常と異なる大きさのリストリクターを装着してのタイム。

自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1100ポイント


中古車買取査定市場


【楽天証券】★4/8 9:59まで!★今なら最大21,200ポイント


年会費永年無料の楽天カード


いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングまだまだ下っ端なので今後も頑張って更新する元気を
1日1回↓↓ポチッ↓↓と分けて下さい。
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/431-ff16b40e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。