スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ 独BMWと提携交渉 

トヨタ自動車は、自動車の環境規制が一段と厳しくなるヨーロッパ市場での販売力の強化を図るため、ドイツの自動車メーカー「BMW」と提携し、ヨーロッパで普及が進むディーゼルエンジンを「BMW」から供給を受ける方向で交渉を進めていることが明らかになりました。

関係者によりますと、トヨタはドイツの「BMW」と提携し、環境性能の高いディーゼルエンジンについてBMWから供給を受ける方向で交渉を進めているということです。ヨーロッパの去年の自動車販売はおよそ1700万台で、ディーゼル車の普及が進んでいますが、トヨタの販売台数はおよそ80万台と伸び悩んでいます。このためトヨタは、自動車の環境規制が一段と厳しくなるヨーロッパ市場に、BMWのディーゼルエンジンを搭載した車を投入し、販売力の強化を図るねらいがあるものとみられます。一方、BMWはトヨタにエンジンを供給することで量産効果によるコスト削減などを期待しているものとみられます。トヨタはこれまで環境技術を自前で開発することにこだわってきましたが、巨額の開発コストが経営の重荷となるなか、ライバル企業の技術を活用し、成長を目指す戦略に転換することになります。またトヨタは、世界最先端を行くハイブリッド技術の分野でもBMWと提携交渉を進めていて、両社は来週にもこうした内容で合意する見通しです。トヨタはことし8月、アメリカのフォードと新たなハイブリッド技術を共同開発することでも合意しており、自動車メーカーの間で環境技術を巡る提携が一段と加速しています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/543-c7e09d97

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。