スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27日にかけ積雪増える見込み 

冬型の気圧配置の影響で、北陸など日本海側を中心に雪が降り、西日本から北日本の山沿いでは、27日にかけて、積雪がさらに増える見込みです。

気象庁によりますと、上空にはこの冬一番の強い寒気が南下し冬型の気圧配置が続いているため、日本海側を中心に西日本から北日本にかけての広い範囲で雪が降っています。北陸などでは、25日午後から発達した雪雲が次々と流れ込み、急速に積雪が増えています。25日午後11時の積雪は、富山市で42センチ、福井市で35センチ、鳥取市で30センチ、新潟市で25センチなどとなっています。冬型の気圧配置が続くため、26日は北陸などの日本海側を中心にまとまった雪が降り、中国・四国地方の瀬戸内海側の平地や愛知県など東海の平野部でも、ところによって雪が積もる見込みです。26日の夕方までに降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで、新潟県と石川県で80センチ、富山県と福井県で70センチ、長野県で60センチ、東北の日本海側と近畿北部、それに岐阜県で50センチ、北海道の日本海側と中国地方で40センチ、四国と山口県で15センチから20センチなどと予想されています。上空の強い寒気は27日にかけてとどまり、各地の山沿いでは積雪がさらに増える見込みです。気象庁は、路面の凍結や雪による交通への影響に注意するとともに、積雪の多い地域では、雪崩にも注意するよう呼びかけています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120126/t10015536371000.html
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/584-19a6c79e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。