スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベクター 26万人余の情報流出か 

インターネット上でソフトウエアなどを販売するサイト運営会社の「ベクター」は、不正アクセスを受け、最悪の場合、サーバーの中にあった26万人余りのメールアドレスやクレジットカードなどの個人情報が流出したおそれがあると発表しました。

情報が流出したおそれがあるのは、通信大手のソフトバンクグループが筆頭株主で、画像編集用のソフトウエアなどを販売するサイト運営会社の「ベクター」です。
会社によりますと、利用者の情報を管理しているサーバーが、今月19日から21日にかけてインターネットを通じて、合わせて4回の不正アクセスを受けた痕跡があるということです。
この結果、最悪の場合、ソフトウエアを購入したりオンラインゲームの決済をしたりした最大で26万人余りの氏名やメールアドレス、それにクレジットカードの個人情報が流出したおそれがあるとしています。
ただ、会社側によりますと、これまでにクレジットカードなどの情報が不正に利用されたという報告はないということです。
会社では、サーバーのシステムを変えるなどして再発防止を図るとともに23日、警察に被害届けを出すことにしています。
ベクターの梶並伸博社長は記者会見し、「利用者の皆様に多大なご迷惑をおかけしたことを心よりおわび申し上げます」と謝罪しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120322/t10013905941000.html
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/635-3c3ad50c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。