スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新東名 静岡県内が14日開通 

東京と名古屋を結ぶ東名高速道路と並行して走る「新東名高速道路」の静岡県内の区間、御殿場から三ヶ日までの160キロ余りの区間が14日に開通します。
一般の車は記念式典のあとの午後3時から通れるようになります。

新東名高速道路は、交通量の多い東名高速道路の混雑を解消しようと、17年前の平成7年から整備が進められてきたものです。
今回開通するのは、およそ2兆6000億円をかけて完成した静岡県内の御殿場ジャンクションから三ヶ日ジャンクションまでの162キロの区間です。
14日は午前10時に式典が行われたあと、午後3時から一般の車の通行ができるようになります。今回の開通で、東名の静岡県内の区間で1年間に2500回起きている渋滞が大幅に緩和されることや、東名が台風や地震などで使えなくなった場合に、代替輸送のルートになることが期待されています。
また、今回の区間は東名とつながっていることから、東京から名古屋までの距離が縮まり、東京と名古屋の間の通行料金は普通車で今より200円安い6900円に、大型車で300円安い1万1300円に、値下げされます。
さらに所要時間も5時間25分とおよそ20分短縮されます。
静岡県内の東名・新東名の2つの高速道路を利用する車は1日平均で8万3000台と、東名だけの時に比べておよそ9000台増えると予想され、東京と名古屋の間の人やモノの行き来がこれまで以上に活発になることが期待されています。
新東名高速道路とは

新東名高速道路は、並行する東名高速道路の渋滞緩和と、災害時の代替ルートを担う目的で建設されました。総事業費4兆4000億円の巨大事業の構想が出たのは、25年前の昭和62年でした。
バブル景気の中、全国の都市から1時間程度で利用できる高速道路のネットワークを作るという国の計画の中で位置づけられ、当時の日本道路公団が17年前の平成7年に工事を始めました。
道路公団の民営化以降は、「中日本高速道路」が事業を引き継ぎ、予定より1年早い開通になりました。
当初計画されたのは、片側3車線の6車線、最高速度140キロにも対応可能な設計のこれまでにない高速道路でした。
このため、6車線分の用地買収が行われましたが、民営化に伴ってコスト削減を迫られ、4車線での開通になりました。
最高速度の引き上げを視野に設計されたため、カーブも坂道も緩く直線に近い道路で、今回開通する御殿場ジャンクションから三ヶ日ジャンクションの距離は、東名高速よりもおよそ10キロ短くなっています。
トンネルの照明は、真上から道路を照らしていたこれまでと違って、進行方向を斜めから照らす照明が取り入れられ、前を走る車が明るく見えるようになったということです。
今回開通するのは、静岡県の御殿場ジャンクションから三ヶ日ジャンクションまでの162キロで、8年後の平成32年度に、神奈川県の海老名南ジャンクションから愛知県の豊田東ジャンクションまでの全長254キロの全線が開通する予定です。
これまで東名高速道路では、富士川サービスエリア周辺などで年間およそ2500回の渋滞が発生していましたが、中日本高速道路は、新東名が出来たことで、事故を除いて渋滞は、ほぼ解消されるとみています。
その一方で、新東名の開通によって、1日の交通量は7万4000台から8万3000台に増えると試算されていることから、東名と新東名が合流して1本になる未開通区間では渋滞が激しくなるおそれがあります。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120414/k10014445031000.html
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/653-bf0f0496

まとめteみた.【新東名 静岡県内が14日開通】

東京と名古屋を結ぶ東名高速道路と並行して走る「新東名高速道路」の静岡県内の区間、御殿場から三ヶ日との午後3時から通れるようになります。新東名高速道路は、交通量の多い東名
  • [2012/04/14 15:26]
  • URL |
  • まとめwoネタ速suru |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。