スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ、プリウスのワゴン版 4月下旬発売  

img_20110309_10280166_1.jpgimg_20110309_10280166_3.jpg

トヨタ自動車は9日、新型7人乗りハイブリッド車“プリウス スペース”と、ワゴンタイプの“プリウス v”を、2011年4月下旬に発売すると発表した。

 プリウス スペースは、プリウスをベースに7名乗車を可能とした、ミニバンタイプのハイブリッドカー。3月のジュネーブショーで“プリウス+”の名で出展されたこのクルマは、日本では4月下旬に発売、アメリカやヨーロッパでの販売も予定されている。

 ボディは、全長4615mm×全幅1775mm×全高1575mmで、各寸法はプリウスより大きい。またホイールべースも2780mmと標準プリウスより80mm延長されており、そのぶん室内スペースが広くなっている。

 インテリアは、インパネまわりがプリウスとは異なる新設計のデザインが採用されている。センターメーターが採用されているのはプリウスと同じだが意匠は異なり、カーナビが収まるセンターパネルまわりのデザインやセンターコンソールは、完全オリジナルデザインとなる。

 シートは3列シートの7人乗り仕様と、荷室を広く確保した2列シート5人仕様が設定される。セカンドシートが60:40の分割可倒式で、3列シート仕様のサードシートは50:50の2分割シートとなっている。荷室容量は、7人乗り仕様が200リットル、5人乗り仕様は535リットル確保されている。なお3列シート車は、ヒップポイントが後ろにいくにつれ45mm高く設定されている。またサードシートを格納すれば、5人乗り仕様のように荷室を広く使うことができる。

 エンジンは、プリウスと共通で、1.8リッターガソリンエンジン(最高出力99ps、14.5kg-m)にモーター(82ps、21.1kg-m)が組み合わされる(システム最高出力は136ps)。なお、搭載されるバッテリーは、5人乗り仕様はプリウスと同じニッケル水素バッテリーだが、シートが3列配置される7人乗り仕様には、スペース効率に優れるリチウムイオン式が積まれる。このあたりの違いが車両価格にどう影響するのか注目だ。なお性能には違いはないという。

 なお同時に発売されるワゴンタイプ(5人乗り)の“プリウス v”にも共通のパワーユニットが搭載される。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/80-914c03bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。