スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援に関して 

コピぺです!

支援に関して。
今ネット検索して,気になる事が記載されていたため、日記書きます。

平成五年、北海道南西沖地震の時には、全国各地から5000トンを超える救援物資が送られてきましたが、そのうち1200トンの衣類を中心とする物質が焼却されたり、埋め立てられたりしました。その保管料には、一億二千万円かかったそうです。

このような無駄な費用を発生させないためにも
災害が発生した時に送る救援物質は,被災地が提供を呼びかけているものを送るようにしましょう。


≪本当に求められているのは、救援物質それとも義援金≫

災害発生ニュースを聞いて、何か手助けをしたいという考えカラ,救援物質を送る人も多いと思います。

しかし、個人で救援物質を送ろうとする場合、被災地が本当に必要としているものを的確に送ることは難しく、役立てられなかった物質の多くは,費用をかけて処分しなければなりません。

被災地のことを考えた時、個人で救援物質を送るよりも、むしろ、義援金の募金に回したほうがいいかもしれません。

※義援金は、被災地の方々に配分され、災害復興の大きな原動力となります。

だそうです。
げんきな方々は自分たちのできる限りの事をして助けになれるように頑張りましょう!
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

コメント:をお寄せ下さい

(コメント:編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://jzx100hiro.blog.fc2.com/tb.php/91-adda088e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。